「6月のミサ、教会活動について」2021年5月30日

コロナウイルス緊急事態宣言が6月20日まで延期されました。つきましては、ミサ、教会活動の中止を6月20日まで延期致します。

「5月中のミサの中止について」 2021年5月13日

コロナウイルスの感染拡大を受け、5月中の主日のミサ、平日のミサを中止致します。

「4月、5月のミサについて」 2021年4月21日

4月からの平日ミサは、司祭の体調不良のため検討中となりました。

4月27日(火)の平日ミサはありません。

主日のミサについては「教会スケジュール」のページでご確認ください。

「4月、5月のミサについて」 2021年4月20日

4月のミサについて

 4月25日(日)の主日のミサは富岡聖堂で行われます。

 4月27日(火)の平日のミサは住ノ江聖堂で行われます。

5月のミサについての詳しいことは「教会スケジュール」のページでご確認下さい。

「今後のミサについて」  2021年4月13日

 4月10日(土)に着任された佐藤謙一神父が体調不良のため、4月11日(日)の主日のミサは中止となりました。

 4月18日(日)の主日のミサは新海神父が司式されます。今後のミサの予定については未定です。

 

 

 「酒井俊弘大阪司教区補佐司教の体調について」2021年4月1日

                             

+主の平和

 聖週間に入りました。新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、ウイルスの異変に対する不安と落ち着かない中での復活祭となりそうです。

 さて、酒井俊弘補佐司教の体調についてお知らせいたします。酒井俊弘補佐司教は、原因不明の肺炎による重度の呼吸障害のため、昨日30日より病院に入院し治療を受けています。とりあえず一ヶ月ほどと言われていますが、原因の特定も含めて見通しははっきりしていません。司祭・修道者・信徒の皆様にはご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、どうか酒井俊弘補佐司教の回復のためにお祈りください。

 なお、この件について進捗がありましたら文書にてお知らせいたしますので、事務局への問い合わせは控えていただきますようお願い致します。

                              カトリック札幌司教館より

                           

11月28日(土)のミサについて     11月21日

 富岡聖堂で行われる予定の11月28日(土)のミサは司祭の都合上、お休みになりますのでご了承ください。

富岡聖堂の補修工事終了についてのお知らせ 10月3日 

 富岡聖堂の鐘楼などの外部補修工事が終了し、当時の美しい色合いが再現されました。玄関の扉やお御堂お御堂の窓もスムーズに開閉することができるようになりました。ご尽力いただいた関係者の皆様に心より感謝申し上げます。お御堂では静かに祈ることができますのでいつでもご利用ください。