2020年 ニュース

6月7日(日)15:00~16:00

 朝早く、小雨が降り心配しましたが、徐々に天気は回復してくれました。すっかり雨があがった15:00から、カトリック小樽教会で初めてのドライブスルー・ウォーキングスルー方式による「赦しの秘跡」が住ノ江聖堂駐車場で行われました。

 約25名前後の信者が次々に車や徒歩で訪れ、車窓ごしに秘跡を受けていました。当初、慣れない方式に戸惑う信者もいましたが、信者同士が互いに「車を神父様の横につけて窓を開けてお話するんですよ。」など教え合ったり、パク神父様が待機場所を指示してくださるなど対応して下さったことで、初めての方式に慣れない信者も徐々に落ち着いて告解する事ができたようです。  

 その後、ソーシャルディスタンスの距離で置かれた聖堂の椅子で各自沈黙のうちに祈り、無事「赦しの秘跡」が終了しました。

 早く感染が終息し、いつもながらの形式で「赦しの秘跡」を受けることができるようにと祈りながら帰宅しました。(広報部)

2月23日(日)11:00~12:30

フランシスコ教皇訪日の様子について、会場に行った信者による報告会を富岡聖堂で行いました。

 

2月11日(火)18:30

小樽雪灯りの路に協賛し、富岡聖堂にて「テゼの祈り」を行いました。